Home  > スポンサー広告 > つい手がでてしまう物 > 雑談 > つい手がでてしまう物

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

つい手がでてしまう物

2015/08/06(Thu) 20:39

中古釣具店で見付けるとつい手が出てしまう物、自分の場合は小学生時代の懐かし90sルアーがそれにあたります。
まあそう古い分類ではないのでレア度も低く価格も激安なのが多い為、ついつい謎のコレクションが増えていっています。
あらいくんなんかも安くなったもんです。

て、そのコレクションの一つ


ケンクラフト バスパー

あのケンクラフトであるが、どうも手が伸びてしまうのである(笑)

釣果はさておき矢留の貯水池で朝から晩まで釣りをしていた、浦安鉄筋家族の小鉄のような無尽蔵のスタミナを有していたあの頃の記憶がこいつを引き寄せるんでしょう(笑)
いろんな意味でよく飛んだし

それに比べここ10年の自分は?釣り業界はどうであったか?
ルアーメーカーのテスターがどや顔で物持ちし、このルアー、このカラー、自分の読み通りでした!
お決まりのセリフで信仰を集める。
正直飽き飽きです。

なんというかそこまで必要か?感がとてもある。
一言で言えば

釣れて楽しければいいんでしょ?

という流れが強いように感じるのである。
たしかに皆とワイワイしながら釣果を競いあい、そして皆でまた行こうぜ‼的なノリ。
それも楽しいのは否定しない。

でもそこにルールと秩序は本当にあるだろうか?
かくいう自分も昔は皆でワイワイやってさらに釣れればよりいい‼という考え方だったんだな~というのは過去を読み返すと否定できませんがね(笑)

今何故そんなことを思うか。
それはここ4年堤防GT、supサーフィンと取り組んできて学んだことが
一見好き勝手やってそうに見えることでもルールと秩序があること
であったからだ。
そしてその人達に共通するのが、楽しむ為にそのルールと秩序が必要だとわかっているということだった。


ルアーの話しから外れてしまいうまくは表せないが、それが自分の目指したい道ではないのかと思う今日この頃でした。





スポンサーサイト

Category:雑談

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。